誰でも楽しくてラクチンな母乳育児ができる方法!

新生児期の授乳について

 
この記事を書いている人 - WRITER -
母乳育児応援隊・律子隊長
「母乳育児って超カンタン!」 を合い言葉に、母乳相談室を開いて25年になりました。 今までにサポートしたママの数は3万人! 直接相談・オンライン相談で世界中のママの母乳育児をサポートできることが喜びです♡ 赤ちゃんとママの幸せな時間をお手伝いしています。

こんにちは!

助産師のおおこしです。

今日は新生児期の授乳の特徴について解説しますね^^

新生児期の授乳の特徴はなんといっても

・頻回授乳

・泣く前に授乳

この2点に尽きると思います。

・頻回授乳とは?

もうそのままですね。一日に何回も飲ませることです。母乳は30分~40分でほぼ消化吸収されると言われています。つまり、飲ませ終ってげっぷも出して少し抱っこしていたら・・・・もう消化して次の授乳が飲みたくなるんです!!そのため、「すぐ泣くから母乳が足りないんです」「全然寝てくれないんです」ということになります。

でも!これが新生児期の特徴なんです!授乳回数が多いことは気にしないようにしましょう。ただ、効果的に(深く)飲めているかどうかは重要です。

詳しくはこちら→https://ok-bonyuikuji-juku.com/x3nbapzfjlq0/

また、何回も飲ませることで母乳のホルモンが増えます。授乳回数が少ないと母乳のホルモンが増えません・・・と言うか減ります(;´Д`)。特に夜間授乳がホルモンを増やすために重要です。新生児は基本的に夜型です。

「昼間はよく寝ますが夜になると寝てくれないんです。」と言うのは母乳相談でも産院でもよく伺う話です。昼も夜も、赤ちゃんが欲しがるたびに授乳しましょう。でも、「もう無理だ~」となった時は・・・少しミルクを足して寝ちゃってくださいね。

・泣く前授乳とは?

よく産院等で、「赤ちゃんが泣いたら授乳してね」と言われることがあります。でも!泣いてからでは遅いんです。

なぜか?

赤ちゃんは泣くと疲れるので寝てしまいます。また、泣いたときは舌が上にあがっていて母乳を吸いにくいんですね。

泣いてからの授乳だと、なかなかうまく吸いつけず…やっと吸い付いたと思ったら・・・寝ちゃった!なんてことになります。

もぞもぞし始めたり、口を動かしたり、「あー」とか「うー」などの柔らかい声を出したりしたときに飲ませるようにしましょう。

早めに授乳する事で、赤ちゃんは疲れずにしっかり母乳を飲めるようになります。また、回数を多く飲ませることでホルモンも増えて母乳量が増えてきます。

・3時間以内又は赤ちゃんがもぞもぞしたら授乳を始める

・赤ちゃんは寝てしまう

・母乳の消化が早いからすぐに起きる

・赤ちゃんが起きたらすぐ授乳

・・・・エンドレスです。

こんなにくっついて頻回授乳するのは、せめて3か月です。その後は3時間程度に落ち着いてくることが多いです。

合い言葉は

「焦らない・あきらめない・根気・のんき」ですよ♬

この記事を書いている人 - WRITER -
母乳育児応援隊・律子隊長
「母乳育児って超カンタン!」 を合い言葉に、母乳相談室を開いて25年になりました。 今までにサポートしたママの数は3万人! 直接相談・オンライン相談で世界中のママの母乳育児をサポートできることが喜びです♡ 赤ちゃんとママの幸せな時間をお手伝いしています。

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© オンライン母乳育児相談室 , 2018 All Rights Reserved.